なぜこの時期からだと給湯器が故障しやすいのか?

「秋から冬にかけて給湯器が故障して修理や交換が多いのはなぜですか?」とお客様に聞かれました。

なぜかと言うと、
・気温が下がると食器などの洗い物をするときに手が冷たくなるのでお湯をよく使う。
・お風呂で湯船に浸かりたい。
・浴室が寒いので温水式の浴室暖房乾燥機の暖房を使う。
・家の中が寒いので温水床暖房を使う。

寒い時期はお湯が大活躍するので、春夏に比べると給湯器を動かしてたくさんお湯を作る事になります。

また、外気温が寒いとお湯を作るための時間と火力が余計にかかります。そうすると、10年以上使用している給湯器の壊れかかっている内部の部品や負担がかかっているところが完全に壊れてしまって故障トラブルが発生するんです。

気温が0度以下になる地区は給水管の凍結で配管が破裂することもあります。

もし10年以上使っている給湯器があれば突然、「お湯が使いたいのに使えない。」

「お湯の出が悪い」

「リモコンにエラー表示が出て給湯器が動かない」

などの状況になる前に点検や交換することをオススメします。

尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・豊中市・大阪市での給湯器不具合による点検・修理・交換・水漏れ、つまり修理・トイレ交換・コンロ交換・(キッチン、洗面、浴室)の水栓器具交換・その他住宅設備機器交換・雨漏り修理・その他リフォーム工事はお気軽にご相談下さい。

 

 

【フリーコール】0120-554-911
【電話番号】06-7165-7776
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】尼崎市を中心に、伊丹市、宝塚市、西宮市、芦屋市等の阪神間にお伺い


一覧ページに戻る